灰塵集合体

私に音楽をやらせてくれ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

窓辺 

2011/05/09
Mon. 00:47




4作目は「窓辺」。

この曲はなんでしょうね。シューゲイザーっぽくもあるけど、The Cureっぽくもあるような?
まあUK風ですかね。今のところヤオギの曲の中では一番暗めの曲調ですね。

5作目の「ホワイト・モーメント」と同じ日に投稿したんですが、もともとそのつもりだったんで
せっかくだから雰囲気が違う2曲にしようと思いました。
シングルでいうと「ホワイト・モーメント」がA面、「窓辺」がB面みたいなね(笑)


難しいプレイは無いですがギターを重ねることで厚みを出しました。
若干音を詰め込みすぎた感もありますが…

不協和音を交えたアルペジオが雰囲気の肝。


ちなみにこの曲から購入したドラム音源を導入したので、「はじめてDTMに金掛けた記念の曲」
となっております^^
それまで「タダでDTM」をポリシーにしていたのですが、さすがに無理かなと…w



歌詞のテーマは「劣等感」です。
いくら現実から逃げても結局はその場しのぎでしかないですよね…
残念ながら…



「窓辺」

蒼く侵された冷たい境界線際で
胸の隙間から鉛が膨れ上がった

視界の端追いかける透けた幻

声の鳴る方へ虚ろに辿り着いたなら
口元が酷く奇妙なフォルムに映る

羨望の醜さで淀む窓辺に
日差しがつんざく白い闇連れて

ここからどれだけ眺めても
わたしは繋がれたまま
憧れても君に触れられないまま
そうして何一つも知らないままで
まどろみは醒めてしまったの


熱を鎮め結晶する
窓に凍えた
君とわたしの
交わらない領域

ここからどれだけ眺めても
わたしは繋がれたまま
憧れても君に触れられないまま
そうして何一つも知らないままで
まどろみは醒めてしまったの

ここからどれだけ檻を揺らしても
閉ざされたまま
祈っても悲しみに残されたまま
微かに語りかける淡い言葉は
いつの日か途絶えてしまったの
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント:

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://yaogimusic.blog.fc2.com/tb.php/26-42fa7fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。